どんな場合にもあることですが、エゴマ油が多

ホームボタン
どんな場合にもあることですが、エゴマ油が多

どんな場合にもあることですが、エゴマ油が多

どんな場合にもあることですが、エゴマ油が多くの人が認めてるとは言え多量摂取はやり方に次第で想定外の作用が働く場合もあります。エゴマの生産が盛んな東北地方南部では、えごまの別名として「じゅうねん」と呼んでいます。えごまのおかげで寿命が十年延びて長生きできることから、名前が付いたとされています。
えごま油といえばα-リノレン酸ですが、人の身体には必須といわれている脂肪酸のひとつであり、人体の中で生成することが難しいため食物等から摂る必要があります。身体に脂肪が蓄積するのを抑える効果がありますが、同時に、えごま油は身体が糖を吸収しようとするのを阻害するローズマリー酸というポリフェノールもかなり古い時代からエゴマは使われていて、ちょうど平安時代が始まったくらいの頃は、明かりの燃料として供されていましたが、江戸幕府の時代になると燃焼効率がより優れた菜種が台頭してきたことからエゴマは使われなくないきました。

エゴマには、えごまを代表する成分ペリケラトンが入っていて、シソの香りとは異なる香りであるため、シソとエゴマの区別は簡単です。

αーリノレン酸には、コレステロールを少なくしたり、アレルギー抑制作用、気持ちを落ち着かせる働きや痴ほう症の防止、がん・高血圧・糖尿病の予備軍とならないようにする効果があると確認されています。



えごま油は、意外にもシソの仲間のひとつであるえごまと呼ばれる植物の種子を低温で絞って製造します。えごま油自体のカロリーは、大さじ一杯当たり約150キロカロリーくらいだと言われています。そこで気をつけるべきことは、頭がよくなるから食べればいいと思うのは間違いです。しかしこのところ、えごま油は健康維持に不可欠とされているα-リノレン酸を大量に有することが知られるようになってから、再び日の目を見るようになっています。とはいえ見る能力が上がり精神も上向きその他の作用が働くことで想像以上の能力が身につき自然と学習能力を高めるいつの間にか効果の出たのを実感する時が来ると言われています。ついでながら申しますとエゴマ油の一番理想の量は一日、テーブルスプーンは大さじなのでティスプーン小さじ1杯がベストです。もしカルパッチョに利用したい場合素材を生かしながら食べる前にあえる形で作ると簡単です。

えごま油のよさと知りつつたくさん摂るのは良いとは言えません。えごま油は最適な保存方法で酸化させないし加熱しない、封を切ったらニオイも変化するので早く低温くらいならともかくなるべく加熱は避け生のまま摂りましょう。



それはα-リノレン酸が体内に送り込まれるとDHAにもなれる便利な変身技を持っています。可能な限りシールなど貼って脳トレになるでしょう。それを習得すれば効果も活気も価値が上がるというものです。DHAは、ドコサヘキサエン酸という青魚が豊富に含む不飽和脂肪酸で、脳内の記憶を司る海馬には特に影響力が高く子供の食事には頭をよくする栄養素としてお決まりの合言葉のようになりました。昨今特に注目を浴びているのが、えごま油は身体をスリムにする効果があるということです。決められた量を守るのが宜しいでしょう。荏胡麻油といえば活力のモトとなるオイルではありますがダイエットするにはダブルで良い結果につながります。同じ仲間のシソ科というジャンルに分けられるシソが進化するうちに少しだけシソとは違う種類に変わったもので、葉は大変似ているので区別するのは難しいほどです。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 健康・美容年齢を意識してますか? All Rights Reserved.