同じタイプのシソ科に分類されるシソの亜種とも

ホームボタン
同じタイプのシソ科に分類されるシソの亜種とも

同じタイプのシソ科に分類されるシソの亜種とも

同じタイプのシソ科に分類されるシソの亜種ともいわれていて、葉は大変似ているので区別するのは難しいほどです。



最初にエゴマが使われたのは意外に古く、西暦800年から900年くらいの時期は、身近な明かりとして使用されていましたが、関ケ原以降は燃料としてはエゴマより優れた菜種が使われるようになってきたことからエゴマは姿を消していきました。
えごま油に含有されるα-リノレン酸は、人が健康でいるためには必須の脂肪酸であり、人体の中で生成することが難しいため外部から摂り入れざるを得ません。


必要量を自分で理解し守ることが成功の道となるでしょう。そこで気をつけるべきことは、魔法の薬ではないので誰もが同じ結果になるとは言えません。

あるいは朝食に使うならお刺身の上に生のままで食卓に用意する直前にまわしかけるあえる形での量がベストです。

エゴマには、ほぼエゴマにのみ見られるペリケラトンが含まれていて、シソの香りとは異なる香りであるため、見かけは変わらなくても区別ができます。αーリノレン酸の効能としては、コレステロールの数値を良くしたり、アレルギー症状を楽にする効果、痴ほう症の予防や精神安定剤的作用、糖尿病・高血圧・がんに罹らないようにする効能があると言い伝えられています。えごま油ライフには酸化防止と加熱に注意し、風を開けたらからといって一気に飲むものでもなく、保存方法に注意し低温くらいならともかくなるべく加熱は避け生のまま摂りましょう。


えごま油といえばα-リノレン酸ですが、同時に、エゴマ油はポリフェノールの一種で糖の吸収を制限するローズマリー酸も含有しています。

それはα-リノレン酸が体内に送り込まれるとDHAにもなれる便利な変身技を持っています。しかしこのところ、えごま油は脂肪酸の中でも必須といわれるα-リノレン酸をたくさん入っていることが知られるようになってから、再び脚光を浴びるようになっています。DHAは、ドコサヘキサエン酸という青魚がふんだんに持つ不飽和脂肪酸で、暗記力や物事を判断する能力をUPさせることから老人へのカンフル剤のように若返り成分として巷で騒がれるようになりました。
えごま油は、カテゴリーとしてはシソ科に分けられるえごまと呼ばれる植物の種子を低温圧搾して製造します。



えごま油が体に嬉しいではありますが多量摂取はなどはありえません。チェック表を作って毎日摂ることを思い出すこともいいかもしれません。最近テレビの健康番組でよくやっているのが、エゴマ油にダイエット効果があるという話です。



余談になりますが、えごま油の適量とは一日、テーブルスプーンは大さじなのでティスプーン小さじ1杯となります。気になるえごま油の熱量は、料理用スプーン(大)で150キロカロリーくらいです。それを学習することで盛んになるというものです。
えごま油が特別なわけではないので口コミで大人気といえども摂り過ぎは状況によっては好まざる結果を呼び起こす心配が出てきます。えごまの生産で有名な福島県では、えごまのことを「じゅうねん」と呼んでいます。えごまを食べると十年長生きするという言い伝えから、その名がついたとされています。
けれど、視力が上がり精神も好転しなどの効果が期待できることから記憶力や判断力が高められて、判断力が向上し頭がよくなり良い結果につながると言われています。えごま油を頭に描くとドロドロとした油が思い浮かびますが2つのパワーで痩身ボデイにする良い結果につながります。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 健康・美容年齢を意識してますか? All Rights Reserved.