体のためのえごま油とはいえ多量摂取はとはいき

ホームボタン
体のためのえごま油とはいえ多量摂取はとはいき

体のためのえごま油とはいえ多量摂取はとはいき

体のためのえごま油とはいえ多量摂取はとはいきません。ところがこの3,4年で、えごま油は生きていくためになくてはならない脂肪酸であるα-リノレン酸を多量に入っていることが認識されてから、再び日の目を見るようになっています。


同じタイプのシソ科に分類されるシソの新種のようなもので、葉を見ただけではほとんど違いに気が付かないほどです。
DHAは、ドコサヘキサエン酸という青魚がふんだんに持つ不飽和脂肪酸で、物忘れを防ぎ、瞬発力を鍛えることなど子供の食事には頭をよくする栄養素として大絶賛されるようになりました。
それを習得すれば効果も活気も結果的に高められることになります。
なるべく日々の習慣とするように脳トレになるでしょう。
かなり古い時代からエゴマは使われていて、奈良時代のあとでは、ともしびとして供されていましたが、関ケ原以降は燃焼効率がより優れた菜種が広まってきたことから需要がなくなっていきました。



それはα-リノレン酸が体内に送り込まれるとDHAにチェンジしてしまうからです。


荏胡麻には、エゴマの成分的特徴であるペリケラトンが入っており、シソの香りとは明確に区別できる香りであるため、見かけは変わらなくても区別ができます。例を挙げるとお酒のツマミにも利用したい場合素材を生かしながら食べる前にふりかける感じ美味しく作るコツです。



更に、エゴマ油は熱に弱く酸化しやすいので風を開けたら早く使うようにし低温くらいならともかくなるべく加熱は避け生のまま摂りましょう。


えごま油の製造方法についてですが、エゴマの種をぎゅーっとしぼることで製品にします。
そこで気をつけるべきことは、頭がよくなるから食べればいいと思ってはいけません。最近テレビの健康番組でよくやっているのが、えごま油は身体をスリムにする効果があるということです。
えごま油が特別なわけではないので身体に良いとは言え集中的に身体に入れると状況によっては想定外の作用がとなりうることもあります。


αーリノレン酸の効果としては、コレステロール値を下げたり、アレルギーを緩和する効能、精神安定作用や痴ほう症の予防、がん・高血圧・糖尿病を予防する効能等があると認められています。ですが、目がよくなるメンタルも明るくなるなどのよい効果が生まれることでものを覚える力や物事を判断する力が培われて学習の能力がUPする良い成果となって現れるといわれています。

定められた量を把握しておくことが好ましいでしょう。えごま油の成分であるα-リノレン酸は、人体には不可欠な必須脂肪酸であり、体内でそれを作り出すことが困難なため外から摂り入れるしか方法がありません。

えごまが地域に根付いている福島県では、えごまは「じゅうねん」と呼ばれています。



「じゅうねん」とは「十年」長生きするという意味で、名前が付いたとされています。
気になるえごま油の熱量は、大きなスプーン一杯分で150キロカロリーくらいです。


えごまオイルはFAT感拭えないと考えられがちですが2つのパワーで痩身ボデイにするラッキーな展開となります。えごま油といえばα-リノレン酸ですが、脂肪が体にたまるのを抑制する効果がありますが、同時に、エゴマ油はポリフェノールの一種で糖の吸収を制限するローズマリー酸も含有しています。



覚えていて欲しいのですが、荏胡麻油の必要摂取量は一日ティースプーンなら小さじ1杯がベストです。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 健康・美容年齢を意識してますか? All Rights Reserved.