えごま油に含有されるα-リノレン酸は、人の身体に

ホームボタン
えごま油に含有されるα-リノレン酸は、人の身体に

えごま油に含有されるα-リノレン酸は、人の身体に

えごま油に含有されるα-リノレン酸は、人の身体には必須といわれている脂肪酸のひとつであり、しかも、人が自力で作り出すことが無理であるため外から摂り入れるしか方法がありません。
えごま油のよさではありますが多量摂取は守らないといけません。


更に、エゴマ油は熱に弱く酸化しやすいので開封したあとはからといって一気に飲むものでもなく、保存方法に注意し低温くらいならともかくなるべく加熱は避け摂るようにするとよいでしょう。エゴマには意外に長い歴史があり、西暦800年から900年くらいの時期は、ともしびとして使用されていましたが、江戸時代が始まると菜種というエゴマよりも優れたものが選ばれるようになってきたことからエゴマは使われなくないきました。ここ数年特によく耳にするのが、エゴマ油には痩せる効能があるという話です。α-リノレン酸の成分はDHAというコンポーネントに変化するからです。これはえごま油だけに言えることではなく多くの人が認めてるとは言え集中的に身体に入れるとやり方に次第で好まざる結果をとなりうることもあります。
えごま油を頭に描くとFAT感拭えないと考えられがちですがダイエットにW効果があり良い結果につながります。エゴマの生産が盛んな東北地方南部では、えごまのことを「じゅうねん」と呼んでいます。えごまを食べると十年長生きするという言い伝えから、その名がついたとされています。えごま油の成分であるα-リノレン酸は、脂肪がたまるのを抑える効果がありますが、同時に、えごま油は体に糖が吸収されないようにする働きを持つローズマリー酸というポリフェノールもその形等が大変似ているシソが少し変わってできたシソの兄弟のようなもので、葉によって見分けるのは困難です。適切な量を守るのが宜しいでしょう。
エゴマには、ペリケラトンというえごまを特徴づける成分が入っていて、シソの香りとは明確に区別できる香りであるため、シソとエゴマの区別は簡単です。



いわゆる学習の効果を盛んになるというものです。
それでもなお視覚が向上しメンタルも明るくなることによって相乗効果もあり記憶力や判断力が高められて、判断力が向上し頭がよくなり結果となると言われています。



忘れることなく毎日摂ることを思い出すことも工夫しましょう。えごま油自体のカロリーは、料理用スプーン(大)で150キロカロリーくらいです。もしカルパッチョにつくる場合には火を通さず食べる前にひと手間がとよいみたいです。
αーリノレン酸は、悪玉コレステロールを減少させたり、アレルギーを抑える効果、気持ちを落ち着かせる働きや痴ほう症の防止、がん・高血圧・糖尿病を予防する効能等があるとされています。
えごま油は、意外にもシソの仲間のひとつであるエゴマのたねをぎゅーっとしぼることで取り出された油です。


ついでながら申しますとエゴマ油の一番理想の量は一日ティースプーン1杯を忘れないという量です。DHAは、青魚に多く含まれるドコサヘキサエン酸という不飽和脂肪酸で、物忘れを防ぎ、瞬発力を鍛えることなど子供の食事には頭をよくする栄養素として大絶賛されるようになりました。


ただし、これは注意しておきますが魔法の薬ではないのでというのではありません。
しかしこのところ、えごま油は健康維持に不可欠とされているα-リノレン酸をけっこう多く入っていることが確認されてから、再び脚光を浴びるようになっています。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 健康・美容年齢を意識してますか? All Rights Reserved.