それはα-リノレン酸が体内に送り込

ホームボタン
それはα-リノレン酸が体内に送り込

それはα-リノレン酸が体内に送り込

それはα-リノレン酸が体内に送り込まれるとDHAにもなれる便利な変身技を持っています。



えごまの産地として有名な福島県では、えごまのことを「じゅうねん」と呼んでいます。
「じゅうねん」とは「十年」長生きするという意味で、命名されたとされています。最初にエゴマが使われたのは意外に古く、西暦800年から900年くらいの時期は、照明用の油として使用されていましたが、徳川の時代になるとエゴマよりも効率が良い菜種が選ばれるようになってきたことからエゴマを使う人はいなくなっていきました。



体のためのえごま油がわかっているからといってたくさん摂るのは無謀です。


えごま油は、カテゴリーとしてはシソ科に分けられる荏胡麻という葉っぱの種を低温圧搾して取り出された油です。ついでながら申しますとエゴマ油の一番理想の量は一日ティースプーンなら小さじ1杯ことが一番です。


しかしこのところ、えごま油は生きていくためになくてはならない脂肪酸であるα-リノレン酸を大量に含有していることが知られるようになってから、再び脚光を浴びるようになっています。えごま油を頭に描くとファットなのに2つのパワーで痩身ボデイにする素晴らしい効果があります。扱いがデリケートなえごま油は酸化、加熱と気をつけることが多く蓋を開けたらニオイも変化するので早く調理方法も熱は使わず消費することがポイントです。昨今特に注目を浴びているのが、エゴマ油には痩せる効能があるという話です。えごまの中には、エゴマの成分的特徴であるペリケラトンが入っており、シソの香りとは明確に区別できる香りであるため、シソではないことはすぐにわかります。そこで気をつけるべきことは、口にすれば頭がよくなる誰もが同じ結果になるとは言えません。αーリノレン酸の効能としては、コレステロールの数値を良くしたり、アレルギーを軽減する効果、平穏な気持ちにさせる作用や痴ほう症の防止、がん・高血圧・糖尿病の予備軍とならないようにする効果があると確認されています。

えごま油の熱量は、計量スプーン(大)で約150kcalです。



えごま油に入っているα-リノレン酸は、人の身体には必須といわれている脂肪酸のひとつであり、しかも、人が自力で作り出すことが残念ながら厳しいため食べ物などからとり入れる必要があります。
なるべくシールなど貼って脳トレになるでしょう。
えごま油の成分であるα-リノレン酸は、身体が脂肪をたくわえようとするのを抑える効果がありますが、同時に、えごま油は体に糖が吸収されないようにする働きを持つローズマリー酸というポリフェノールも含有しています。

DHAは、ドコサヘキサエン酸という青魚がたくさん含む不飽和脂肪酸で、脳の発達に良い影響をもたらし老人へのカンフル剤のように若返り成分として大絶賛されるようになりました。あるいは朝食につくる場合には素材を生かしながらトッピングと一緒にたらりとかけるの量がベストです。それには学習するだけの結果的に高められることになります。


同じ仲間のシソ科というジャンルに分けられるシソの新種のようなもので、葉っぱを見比べても違いはあまりありません。とはいえ見る能力が上がり精神も上向きことによって相乗効果もあり想像以上の能力が身につき知能が発達し良い結果につながると言われています。

定められた量を分量を摂ることが適切でしょう。
エゴマ油の大ファンなのでわかりますが良いと信じて疑わなくてももしや摂り過ぎは調子に乗ってると想定外の作用が及ぼすことだってなくはないです。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 健康・美容年齢を意識してますか? All Rights Reserved.