エゴマはかなり昔から使われており、奈

ホームボタン
エゴマはかなり昔から使われており、奈

エゴマはかなり昔から使われており、奈

エゴマはかなり昔から使われており、奈良時代のあとでは、ともしびとして供されていましたが、江戸時代が始まるとエゴマよりも効率が良い菜種が利用されるようになってきたことからエゴマは姿を消していきました。しかしこのところ、えごま油はα-リノレン酸という重要な脂肪酸を大量に含有することが知られるようになってから、再び脚光を浴びるようになっています。
なるべく毎日時間を決めるなど脳トレになるでしょう。ついでに摂るべきえごま油の量は一日ティースプーン1杯を忘れないという量です。ここ数年特によく耳にするのが、エゴマ油には痩せる効能があるという話です。

えごまが地域に根付いている福島県では、えごまは「じゅうねん」と呼んで親しまれています。
なんでもえごまのおかげで十年も長く生きられるということから、命名されたとされています。



けれど、視力が上がり精神も好転し等等影響し合うことで記憶力や判断力が高められて、判断力が向上し頭がよくなり良い結果につながると言われています。えごま油は最適な保存方法で酸化させないし加熱しない、風を開けたらできるだけ早く使い切るようにし、生で食べるものなどにかけるとかして消費することがポイントです。



エゴマ油の大ファンなのでわかりますがいくら世間で身体に良いと評判でもたくさんの量をいっぺんに摂ると状況によっては如何せん他に悪影響を生む恐れがあり危険です。


えごま油自体のカロリーは、大さじ一杯当たりおおよそ150kcal相当です。

健康を考えられたエゴマ油と知りつつ1日に必要摂取量は無謀です。



なんなら人間だけでなくペットご飯にだって利用したい場合ご飯とドレッシングを合える時には使わず食べる前にたらすとよいみたいです。


ただ、えごまには、ペリケラトンというえごまを特徴づける成分が入っていて、シソの香りとは異なる香りであるため、誰でも簡単に区別ができます。えごま油といえばα-リノレン酸ですが、人が生きていくためには絶対に必要な必須脂肪酸であり、しかも、人が自力で作り出すことが無理であるため食物等から摂る必要があります。

適切な量を守るのが成功の道となるでしょう。αーリノレン酸の効果としては、コレステロール値を下げたり、アレルギー症状を楽にする効果、精神安定作用や痴ほう症の予防、がん・高血圧・糖尿病の予備軍とならないようにする効果があると確認されています。



DHAは、ドコサヘキサエン酸という青魚がふんだんに持つ不飽和脂肪酸で、暗記力や物事を判断する能力をUPさせることから子供の食事には頭をよくする栄養素として大注目されるようになりました。



ただし、これは注意しておきますが口にすれば頭がよくなるそんな簡単なものではありません。α-リノレン酸という成分が体内に立ち入ると成分がDHAに様変わりするからです。それを学習することで高めることが可能です。

えごま油を頭に描くとファットなのにダイエッターにはダブル効果が期待され細胞がよろこぶことになります。



同じ種類のシソ科というグループに分けられるシソが進化するうちに少しだけシソとは違う種類に変わったもので、葉を比べてもどっちがシソかの判断はつきにくいほどです。

えごま油に入っているα-リノレン酸は、同時に、えごま油は身体が糖を吸収しようとするのを阻害するローズマリー酸というポリフェノールも含有しています。


えごま油は、意外にもシソの仲間のひとつであるエゴマの種を低温圧搾して取り出された油です。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 健康・美容年齢を意識してますか? All Rights Reserved.