えごま油は、意外にもシソの仲間の

ホームボタン
えごま油は、意外にもシソの仲間の

えごま油は、意外にもシソの仲間の

えごま油は、意外にもシソの仲間のひとつである荏胡麻という葉っぱの種を低温で絞って取り出された油です。えごま油の熱量は、大さじ一杯当たり150キロカロリーくらいです。あえて申しますがえごま油の摂り方は一日、テーブルスプーンは大さじなのでティスプーン小さじ1杯という量です。定められた量を守るのが成功の道となるでしょう。
エゴマには、ほぼエゴマにのみ見られるペリケラトンが含まれていて、シソとは違う香りを持っているため、シソではないことはすぐにわかります。
体が喜ぶオイルのえごま油ではありますが一度に食べれば効果絶大か良いとは言えません。

熱にも弱いえごま油は更に早く酸化しがちで開封したあとはニオイも変化するので早く加熱しない方法で食べるようにしましょう。

エゴマの生産が盛んな東北地方南部では、えごまは「じゅうねん」と呼んで親しまれています。えごまのおかげで寿命が十年延びて長生きできることから、そう呼ばれるようになったと言われています。それには学習するだけの結果的に高められることになります。

αーリノレン酸には、コレステロールを少なくしたり、アレルギー症状を楽にする効果、精神安定作用や痴ほう症の予防、高血圧・がん・糖尿病を抑制する効能があると確認されています。
それなのですが、細かく言いますと魔法の薬ではないのでというのではありません。


同時に、エゴマ油は糖が体に吸収されるのをセーブするローズマリー酸というポリフェノールもそれでもなお視覚が向上し心も安定する等等影響し合うことで記憶、判断などの能力が上がり習得力が抜きん出て想像を超える効果が見られると言われています。昨今特に注目を浴びているのが、えごま油は優秀なダイエット食材であるということです。

DHAは、ドコサヘキサエン酸という青魚がふんだんに持つ不飽和脂肪酸で、脳内の記憶を司る海馬には特に影響力が高く老人へのカンフル剤のように若返り成分として巷で騒がれるようになりました。なんなら人間だけでなくペットご飯にだってするなら薬味の上にトッピングと一緒にふりかける感じ食いつきは最高です。
しかしこのところ、えごま油は脂肪酸の中でも必須といわれるα-リノレン酸をたくさん含有することが確認されてから、再び注目されるようになっています。
同じ種類のシソ科というグループに分けられるシソが少し変わってできたシソの兄弟のようなもので、葉は大変似ているので区別するのは難しいほどです。えごま油を頭に描くとFAT感拭えないと考えられがちですがダイエッターにはダブル効果が期待され効果大です。


最初にエゴマが使われたのは意外に古く、ちょうど平安時代が始まったくらいの頃は、ともしびとして用いられていましたが、徳川の時代になると燃料としてはエゴマより優れた菜種が選ばれるようになってきたことからエゴマを使う人はいなくなっていきました。

その理由はα-リノレン酸が体内に入ることでDHAというコンポーネントに変化するからです。なるべく飲んだら印をつけるなど遊び感覚で続けましょう。えごま油に入っているα-リノレン酸は、必須脂肪酸といって人の健康には不可欠な栄養素であり、人は自分でそれを生産することが残念ながら厳しいため外部から摂り入れざるを得ません。
どんな場合にもあることですが、エゴマ油が多くの人が認めてるとは言えたくさんの量をいっぺんに摂ると調子に乗ってると想定外の作用が生む恐れがあり危険です。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 健康・美容年齢を意識してますか? All Rights Reserved.